市販品シャンプーと美容室・サロン専用シャンプー

市販品シャンプーと美容室・サロン専用シャンプー

■シャンプーを通販で購入する場合に知っておきたい市販品と美容室やサロン専用の違い
 
市販品と美容室・美容サロン・美容院で使うシャンプーの違いを多く区分すると(1)料金面(2)配合成分(3)アフターケアの有無(4)こだわりのポイント(5)購入できる場所になるでしょう。
 
(1)料金面
まずは料金が全然違ってきます。ドラッグストアやスーパーマーケットで販売されている市販品は500円から800円程度の料金になっています。一方サロンなどのプロ御用達のものは2,000円から4,000円ぐらいのものが多いです。料金差としては4倍ぐらいするわけです。
 
最近は市販のシャンプーでも1,000円以上する「サロン品質シャンプー」も商品化されています。ですが、市販品はあくまでも市販品なのです。ネーミングだけで騙されてはいけません。配合成分などをキチンとチェックしてみる必要があります。
 
では高いからいいのでしょうか?必ずしもそうとは言い切れません。髪質にあっているかどうかがもっとも大切なことです。中には5,000円以上のシャンプーがあう人もいます。人によったら1,000円以下のシャンプーがしっくりくる場合もあるのです。
 
ですが、やはり高いものは高いなりの理由があります。安かろう悪かろうで高級品の場合は良質な原料が使用されています。料理も高級なものになれば食材から違うでしょう。それと同じことがシャンプーにも当てはまります。綺麗な髪の毛を維持するには、それなりのコスト負担が必要になると理解しておきましょう。
 
(2)配合成分
料金の違いは配合成分の違いでもあります。良質な成分は稀少価値があるのでシャンプーに配合する場合は原価が高くなり高コストの商品になってしまいます。
 
最近は特に天然なものが注目されていますからオーガニック製品になります。天然由来の成分は石油を使った製品とはことなり、どうしても大量生産できませんから割高になります。オーガニックの場合は品質保持をするための化学成分も配合しません。その場合は保存の技術も必要になりますから、それが料金に反映されるのです。
 
成分表を見てチェックしてみてください。
「ラウリス……」「ラウレス……」「……硫酸」というような成分は注意する必要があります。これらは高級アルコール系になりますので髪の毛にダメージがある洗浄成分です。
 
「……ベタイン」「……グルタミン酸……」「……アラニン……」などの表示があれば髪の毛を優しく洗える洗浄成分だから購入する検討に入れましょう。「……エキス」「……油」「セラミド」「リピジュア」などは良質な髪の毛の補修成分ですから参考にしておくといいでしょう。
 
(3)アフターケアの有無
美容室・美容院・美容サロンでシャンプーを購入する場合はアフターケアをしてくれます。来店の都度、あなたの髪の毛の状態を見てもらえます。使用感を聞いてくれますし、髪の毛の変化についてアフターフォローしてくれるのも大きなメリットになるでしょう。
 
髪質が変わってきたら、それに合うシャンプーも違ってきます。その都度、新しく髪質に合うシャンプーを選んで貰えるのは美容室・美容院・美容サロンを利用する強味です。
 
万が一トラブルになった場合でも責任を持っていただけます。シャンプーを購入した場合でも連絡をすればすぐに連絡をすれば状態をチェックしてくれます。適切な対応をしてもらえるのは市販のシャンプーではありえません。
 
美容室・美容院・美容サロンでシャンプーを購入するのは購入するまでの責任を持つだけではないのです。購入していただいたあとも髪の毛が綺麗になるまで美容師が責任を持ってアドバイスしてくれます。
 
(4)こだわりのポイント
市販されているシャンプーと美容室・美容院・美容サロンで使われているシャンプーではこだわりのポイントも違っているのがわかります。
まずは市販のシャンプーのこだわりのポイントです。
 
・リーズナブルな料金で一般の人も手軽に利用できることへのこだわり
・香りが良い点をコマーシャルでも強調しているように香りへのこだわり
・洗髪するときの泡立ちが良くて洗いやすいことにこだわり
・ブランドイメージへのこだわり
 
では美容室・美容院・美容サロンのシャンプーのこだわりはどこにあるのでしょうか?
 
・お肌や髪の毛への優しさへのこだわり
・髪の毛の栄養や補修成分へのこだわり
・パーマやヘアカラーのもちをよくするこだわり
・美しい髪の毛をキープするためのこだわり
 
市販されているシャンプーは500円から800円程度のものが多いと前述しました。この料金はシャンプーの成分・ボトル・開発費用だけではなくてテレビやラジオで流されているコマーシャルの費用やモデルや女優へのギャラの費用も入っています。おのずから原材料の値段はとても安いと想像できますでしょう。市販のシャンプーはそういった類いのものであると認識しておくようにしましょう。
 
(5)購入できる場所
 
購入できる場所も市販品ならばスーパーマーケット・ドラッグストア・インターネット通販サイトなどどこでも購入できるでしょう。一方で美容室・美容院・美容サロンのものは、その店舗でしか基本的には購入できません。最近ではサロン専売のシャンプーもインターネットで購入できるようになっています。ですが注意しなければならないのは模造品や違法商品もあります。購入しても罪にならないですが横流ししている企業は犯罪を犯しているのです。
 
インターネット通販で販売しているものは「古くなっているもの」もあります。また、品質管理がキチンとされているのかは全く不透明ですし、美容室・美容院・美容サロンで購入する場合のアフターフォローは一切ありません。こういったリスクがありますので購入には注意が必要です。
 
■髪の毛がダメージを受ける理由を知っておきましょう!
 
シャンプーをして、どうして髪の毛が痛むのでしょうか?こういったメカニズムを知っておくとヘアケアの役に立ちます。
「スクラブ」という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは洗顔料やハンドマッサージをするクリームに配合されているものです。入浴の際に利用するバスソルトなどの岩塩もこれに属します。
 
では塩で手をマッサージする光景を思い浮かべてください。通常の場合は粒が細かいです。お肌につけてマッサージしても痛みを感じることはないと思います。しかし、粒が大きくなったら痛みが強くなります。ゴツゴツするようなスクラブの場合は血がでてきたりすることもあるでしょう。大きな粒になることは、人間の肌に大きなダメージを与えることになります。
 
こういったことが髪の毛にも言えます。市販のシャンプーは美容室・美容院・美容サロンで使われているシャンプーよりも洗剤の粒が大きいのです。肉眼では見えませんがシャンプーは毎日するものです。少しずつ確実に髪の毛には傷がついてゆきます。これが酷くなった場合にはキューティクルが剥がれてしまいます。抜け毛・切れ毛・枝毛になる原因はここにあったのですね。髪の毛に優しい成分で洗うことが大事であることは理解いただけると思います。
 
このように見てきますと、美容室・美容院・美容サロンで使われているシャンプーが高くなるのも理解できます。髪の毛の資質にもよるのでしょうが、市販のシャンプーで髪の毛にダメージがあると思っている人は美容室・美容院・美容サロン専用のシャンプーを検討してみるといいのではないでしょうか?

サロン・美容室専用シャンプー